読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rvwの日記

備忘録

フリー麻雀 反省 2017/02/26

1、終盤に、テンパイ料欲しさにチーテンを入れてドラを切り、親のダマ満に放銃

 

現代麻雀において、テンパイ料は重要だけれども、局面と収支を考えると終盤のドラ切りはやり過ぎだったかも。特に収支のデータがあれば観ておきたい。

 

2、ある役牌暗子イーシャンテンの受入れについて

24678⑦⑨ と 26788⑦⑨ のイーシャンテンの受入れはどちらがいいのか?

 

24678⑦⑨の場合の受け入れ枚数は「19枚」

26788⑦⑨の場合の受け入れ枚数は「20枚」←1枚多い

 

しかし、前者の方が、チーテンの受入れが「2枚」多く、また最終形が両面になる可能性があり、総合的には前者の選択の方がいいと思う。

 

3、点差計算が遅すぎ、また計算機に頼りすぎ

【点数計算】

3万点を基準にして、それぞれ自分と相手の差を出し、そこから合算する方が

直接、差を計算するより楽かもしれない。

 

【計算機に頼りすぎ】

計算機に頼りすぎている。合っていないこともあるので注意。

また、点棒の移動は自分以外も把握する(ちゃんと渡されたか)

 

4、2軒リーチのテンパイ押しの収支について

1人のだけのリーチに対する押しの収支はある程度知っているが、

2軒リーチ時の押しの収支が知りたい

epsilon69399.blog20.fc2.com

調べてみると、収支はちょいプラスだったので感覚で押してもいい。

ただ中途半端な押しは良くない。(手替り少ないのにダマ点プッシュとか)

 

5、中盤のダマ両面の親満をリーチしなかった件

中盤以降はリーチした方が局収支が高いためリーチすべき。

ダマ満貫は序盤(1~8巡)までがいいのではと思う。

 

 

6、単体の役牌を抱えすぎて数牌をスリムにしすぎ

配牌時にタンピン系か役牌系なのかを考えるが、中途半端な配牌の時がある。

ただ役牌は重なればラッキーくらいに考えて、そのような時はタンピン系に若干重きを置いた方がいい。