読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rvwの日記

備忘録

フリー麻雀 反省 その1 2017/03/04

麻雀

結果:1位、4位、3位

 

1、役が見つからない、手バラの配牌について

3色、チャンタ、チートイツの目を残しつつ、伸びなければ絶一門にして、役ハイの重なりからホンイツを狙う姿勢

 

2、ラスになってから、腹が据わる件

 ラスになってから、腹が据わり、リーチに対しても果敢に攻めることができ結果として悪くなかった。問題は、ラスにならないと中途半端な攻めやオリが多い点だった。

 常に、覚悟を決めて攻めるのはただの無謀であるので、なにかしら基準を考えたい。

 

【仮説】

 単純な手配の善し悪しではないと思うので「手配」「巡目」「着順」「局」に分けた上で、3つ以上を満たしているときは全ツッパする。

 

「手配」

(原則)

 堀内正人氏の『神速の麻雀』に準拠

神速の麻雀 堀内システム51

神速の麻雀 堀内システム51

 

(例外)

1シャンテン~2シャンテン の場合に限る

かつ

①親で3ハン以上

②子で3ハン両面待ち(ピンフの場合は4ハン以上)

③子で4ハン以上

 

「順目」

終盤以外(=1~16巡目まで)

 

「着順」

2着に10,000点差以上ある3着以下(親の場合は14,000点以上の差)

オーラスの場合は逆転手の可能性があれば、という条件付き

 

「局」

南3局以降(それまでは通常運転)